ashブログ|岩手県久慈市

白血病CML発覚から6年、急性転化から移植無しで3年が過ぎました。「ashブログ」で検索。

  にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ashブログのカテゴリ:スポンサー広告 |↑記事のURL
T315I、Y253H、BCR/ABL変異解析で見つかる!

新薬早期承認望む


やぁ♪ 退院してきたashです。 ・・・ 気分は微妙。。しかも、分かり合える人がいないから心はひとりぼっち。


帰る前にO先生から、家族説明がありました。その際、今回ashの知らぬ間にオーダーされたBCR/ABL変異解析の結果を教えてくれました。(これ、保険効かない検査)


↓以下、CMLかPh+ALLの一部の人でなければワケ分からない話かも。


あのT315Iが見つかりました。


2つの点変異が見つかったそうです。

Y253H タシグナが効かないタイプ。
T315I タシグナ、スプリセル、グリベックも効かないタイプ。。

そして、二年前に見つかったのは
F317L スプリセルよりタシグナが有効なタイプ。しかし、今回はF317Lは見つからなかった。いつ消えたのだろう?


日本で慢性骨髄性白血病治療用に認可されている分子標的薬(チロシンキキナーゼ阻害薬)は、グリベック、タシグナ、スプリセルの3つ。つまり、T315Iはどの薬も効きません。。


ショックです。


おそらく、T315Iは少しは残存しているだろう。再燃は1ヶ月先なのか1年先なのか分からない。先生達も手探り状態だそうです。再燃したら、また抗がん剤治療を繰り返すしか、2001年より前の治療法を試すしかありません。。


でも、裏を返せば、一時的にかもしれませんが、今回の化学療法(抗がん剤治療)で見かけ上は一掃できました。amp-cml検査で5コピー未満と血液学的寛解状態には持ち込めたからです。 ・・・ 抗がん剤が効かない人もいるそうです。


今回のBCR/ABL変異解析は、化学療法がはじまる前にオーダーされたもの。今回の抗がん剤治療で消えてるといいな


恐怖のT315I


でなかったら、ポナチニブponatInIbが日本でも承認されるといいな。アメリカではashが入院しているうちに承認されたみたいだ。


ponatInIbがCMLとフィラデルフィア染色体陽性ALL対象に米国で承認 米食品医薬品局(FDA)は、2012年12月14日、T315I変異を含む様々な変異を起こしたBCR-ABLキナーゼを幅広く阻害できる経口製剤ponatInIbを、前治療のチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性または不耐用となった慢性骨髄性白血病(CML)とフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(ALL)を対象に承認した。迅速審査による決定になる。引用先


  ぽちっと 応援してね 人気ブログランキングへ


  ぽちっと 応援してね にほんブログ村へ


 コメントありがとぅ!ぜんぶ読ませていただいております。


関連記事
ashブログのカテゴリ:CML慢性骨髄性白血病(LBC) | コメント(6) |↑記事のURL
thame:白血病 genre:心と身体
<< 手もみカルビで焼き肉カレー!すたみな太郎! | ashブログ 岩手県久慈市home | 抗がん剤の記録! >>
Comment

Re: タイトルなし
> T315iが出てしまったなんて…
> ashさん、ちょっとショックだったでしょうね…
> でも、やれることはやってみましょう!今までの通り前向きに考えて下さい。
> 参考までに(2011年6月時点の情報なので役に立つかどうか微妙ですが)…
> 母が315iに変異したときに、セカンドオピニオンでお世話になった先生に相談したところ、新薬は2013年春には日本で治験が始まると言ってました(ひょっとしたらもう始まっている?)
> 治験が受けられる人数に限りがあるそうなので、製薬会社や関係者とコネクションがあると有利だそうです。
> 虎ノ門病院の木村先生は新薬の開発に携わっていた先生でした。確かashさんは虎ノ門でセカンドオピニオン受けていらっしゃいましたよね?どの先生のセカンドオピニオンを受けられたのでしょうか?もし、木村先生ならセカンドオピニオン後の患者の相談にものってくれます。今の主治医の方からも治験が受けられるように、木村先生に働きかけてもらってみてはどうでしょうか。
> 母の時は、主治医と私達家族の双方でそれぞれ木村先生と連絡を取り合いながら、治療法を決めていました。(母が入院していた病院では初めての症例だったため、主治医も時々木村先生に治療法を相談していま した)
> 母は、心臓に人工弁をつけていたり、高齢のため新薬を待つことができませんでしたが、ash さんはまだまだお若いです。315iがまた出てこないうちに、次の一手が見つけられるといいですね。。
> って、ashさんだって色々考えていらっしゃると思います。余計なお世話かと思いましたが、参考になればと思いコメさせていただきました。
> ashさん!どうか生き抜いてください!ashさんの回復を心から祈っています。

ashは谷口先生でしたー
2013/01/19 Sat| URL | ash
退院おめでとうございます。
さあ、またデータを新たに塗り替えるチャンスがやってきましたよ!
この試練も一蹴りして、不死鳥のように生まれ変わったashさんが高く舞い上がりつづけますように!
みんなが応援しています。
今回の退院も奇跡だったから、これからも奇跡は続くと思います。心から祈っています。
2013/01/19 Sat| URL | アワビちゃん
容赦なく試錬が降りかかりますね、
大丈夫 消えてます!!

薬に関しては
治験できるようスムーズに事が運ぶとよいなぁ

私は知識もないし何の力にもなれないけど
乗り越えられるって信じて応援してます
2013/01/19 Sat| URL | シル
T315iが出てしまったなんて…
ashさん、ちょっとショックだったでしょうね…
でも、やれることはやってみましょう!今までの通り前向きに考えて下さい。
参考までに(2011年6月時点の情報なので役に立つかどうか微妙ですが)…
母が315iに変異したときに、セカンドオピニオンでお世話になった先生に相談したところ、新薬は2013年春には日本で治験が始まると言ってました(ひょっとしたらもう始まっている?)
治験が受けられる人数に限りがあるそうなので、製薬会社や関係者とコネクションがあると有利だそうです。
虎ノ門病院の木村先生は新薬の開発に携わっていた先生でした。確かashさんは虎ノ門でセカンドオピニオン受けていらっしゃいましたよね?どの先生のセカンドオピニオンを受けられたのでしょうか?もし、木村先生ならセカンドオピニオン後の患者の相談にものってくれます。今の主治医の方からも治験が受けられるように、木村先生に働きかけてもらってみてはどうでしょうか。
母の時は、主治医と私達家族の双方でそれぞれ木村先生と連絡を取り合いながら、治療法を決めていました。(母が入院していた病院では初めての症例だったため、主治医も時々木村先生に治療法を相談していま した)
母は、心臓に人工弁をつけていたり、高齢のため新薬を待つことができませんでしたが、ash さんはまだまだお若いです。315iがまた出てこないうちに、次の一手が見つけられるといいですね。。
って、ashさんだって色々考えていらっしゃると思います。余計なお世話かと思いましたが、参考になればと思いコメさせていただきました。
ashさん!どうか生き抜いてください!ashさんの回復を心から祈っています。
2013/01/19 Sat| URL | harmony
退院おめでとうございます。
 のコメントしなきゃってコメント欄開けました。
 みんなついてます。
 みんな勇気と希望もらってます。
  先生の言葉不安な気持ち・・
   でもashさんならきっと病気が逃げ出します。
2013/01/19 Sat| URL | pumineko☆彡
退院は良かったケド色々とまた考えるコトができたんやねぇ。。

日本は厚労省が頑固やから、諸外国に比べて薬剤認可がかなぁ~り遅いもんね・・かなり安全で有効であっても使えないものが多い
そのくせ変なところで抜けてるし・・・

治験としてやってるところあったよね?
そういうのムリなんかなぁ?
2013/01/18 Fri| URL | 沙羅.
| ashブログ|岩手県久慈市 home |

県庁所在地のホテル・宿アメックスNECのパソコンレノボパソコンマウスコンピューター富士通パソコンFMVローカロリー食品スカパー!0円レンタルANA JCBカードセブンカードイオンカードゴルフ用品中古車買取サイトベルーナRyuRyu通販セコムの食ドクターシーラボHABAPEPPY(ペピイ)ぱそログとくログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。