ashブログ|岩手県久慈市

白血病CML発覚から6年、急性転化から移植無しで3年が過ぎました。「ashブログ」で検索。

  にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ashブログのカテゴリ:スポンサー広告 |↑記事のURL
CT画像 その後の侵襲性肺アスペルギルス症!

CT画像


やぁ♪ 昨日は病院だったashです。・・・まずは、肺アスペルギルス症の報告。


超強力なレジメンFLAG+IDA(抗がん剤の組み合わせ)を用いた化学療法2回目に、副作用として出てしまった侵襲性肺アスペルギルス症(真菌性の肺炎)のその後の記録です。


去年の8月9月はコイツのおかげでホント 死にそうな思いをしました。その後点滴による治療を受けましたが変化はありませんでした。

・点滴のブイフェンド(ボリコナゾール)
経口のブイフェンド(ボリコナゾール)
・点滴のアムビゾーム
・点滴ミカファンギン(ファンガード)+点滴のアムビゾーム

約二ヶ月これだけやってもだめだったのです。


入院治療に限界を感じたashは11月に自主的退院を選んだのでした。「長期生存の可能性は、肺切除後に骨髄移植を受けて10%、このままだと5%」と言われていましたが、それでも西洋医学の範囲外のこともあくせくしてみたかったのです。


無謀とも思われた自主的退院後、このやっかいな肺炎はどんどん回復していきました。2011年2月以前のCT画像


そして、2011年8月に撮ったレントゲン写真では、患部がほとんど目視できないほどになりました。そこで、CTで確認です。


1
※すっかり同じ位置を表示するのは無理


でも、薄く拡散しているようにも見えますが、あまり変化ないなぁ。。上が昨日ので、下が半年前の4月のCT画像です。


ハッキリ縮小してたなら、今のんでいるブイフェンドを止めてもらおうとしましたが、まだ続けなきゃみたいです。自分的にはこの薬、効いている気がしませんが。。


はやくキレイに消滅しろよ?


アスペルギルスが残っていても、今は症状はとくに感じません。息苦しいとか咳きもないです。しいて言うなれば、たまーに胸部に軽い痛みを感じます。胸膜に接している患部が騒ぐのだとおもいます。


ぽちっと 応援してね人気ブログランキングへ


ぽちっと 応援してねにほんブログ村へ


コメントありがとぅ!ぜんぶ読ませていただいております。


治療ガイドラインいろいろ

スポンサーサイト
ashブログのカテゴリ:侵襲性肺アスペルギルス症 | コメント(10) |↑記事のURL
thame:医療・病気・治療 genre:心と身体
患部縮小!CT画像とレントゲン写真!侵襲性肺アスペルギルス症!

CT画像とレントゲン写真


 やぁ♪ 無事帰ったashです。 ・・・ 途中で寝たけどー。


 病院の結果を2記事に分けてご報告。まずは侵襲性肺アスペルギルス症から。


1


 こちらはレントゲン。どんどん薄くなってる感じ。


 こちら↓からCT画像。


2


 ココの病院の血液内科では最強の抗ガン剤の組み合わせ2回目を受け、敗血症と肺炎を併発。瀕死の状態になってたころ。昨年9/6のもの。


3


 ボリコナゾール>ボリコナゾール錠剤>アムビゾーム>ミカファンギン+アムビゾームと、約2ヶ月間いろいろな抗真菌薬を試しても変化がなかった自主退院時。


4


 写メでスマンですが、これは本日。確実に小さくなってます。


 オレは無敵かも?


 患部もアレだけど、贅肉の付き方というかタルミかたも違いますね~。9月は77kg(無菌室)、11月も77kg(動き回った一般病棟)、本日は72kg(シャバ生活)


 ひきしまったか?


 退院してからは、まず、処方されている薬たちを見直し、先生と相談し、シャバ生活では不要な物下記4種は全てストップしてもらいました。要らぬ副作用で免疫の力を落としたくないからです。


  • 硫酸ポリミキシンB錠 抗生物質 白血病治療時の腸管内殺菌
  • エンテロノンR 耐性乳酸菌 上記で死滅する腸内細菌を補う?
  • ザイロリック錠 抗癌剤などにより腫瘍細胞が急激に崩壊する際の高尿酸血症予防
  • バクタ 抗菌 カリニ肺炎予防

 入院時には効果が出ませんでしたが、今は抗真菌剤唯一の経口投与薬ブイフェンド(ボリコナゾール)だけを服用しております。


 薬は副作用あるから なるべく避けたい


 それから、どこの血液内科の先生も入院治療中は禁止される生薬系のサプリの服用を再開しました。(抗ガン剤2度目のときからストップしてました) 中国政府から一級漢方として認定されている、ある種の冬虫夏草を培養精製したCSナンチャラという成分を含むものです。先日Gordon Research Conference(ゴードンカンファレンス)で、その成分についてのあるStudyが発表されたとか。以前から、さまざまな効能も期待されているものですが、素人ash的には真菌には真菌成分を って発想もあります。


 1月からは、その成分を含む新製品が出たので切り替えました。新製品は脂肪が減っているのに貢献してる気もします。 ・・・ 日本ではサプリの効能はうたえませんので、詳細は書きません。 ・・・ 入院中もずっと飲み続けていた基本のビタミン・ミネラル等総合サプリに、プラスです。


 さらに、タバコはブカブカ吸い、アルコールもガブガブ呑み、マスクをせずに人混みへ出かけ、いろんな菌(良い菌もいるわけで)が飛び交う野山を散歩しています。


 まるで非常識なオレ


  ぽちっと 応援してね 人気ブログランキングへ


  ぽちっと 応援してね にほんブログ村へ


 コメントありがとぅ!ぜんぶ読ませていただいております。


 最新検査・画像診断事典 2010-11年版
最新検査・画像診断事典 2010-11年版

ashブログのカテゴリ:侵襲性肺アスペルギルス症 | コメント(8) |↑記事のURL
thame:医療・病気・治療 genre:心と身体
アスペルギルスのレントゲン写真とCT画像

レントゲン写真とCT画像


 やぁ♪ 鼻水が黄色く、少し風邪っぽいashです。 ・・・ 病人だったことを思い出しました。


 セカンドオピニオンのデータから。


1


 二枚とも11月02日のCT画像。たぶん向かって左に写ってるのが右胸だよ。少しずらしたカ所をプリントスクリーンしてみました。右だけでなく、左にもアスペルギルスだろうと思われる影があります。。


2


 こちらは胸部レントゲン写真。こちらも向かって左に写ってるのが右胸だよ。左画像が11月30日、右画像が自主的に退院する前の11月01日のもの。明らかに小さくなってるでしょ?12月28日にはもっと小さく薄くなってたのですよ。


 この調子で消えてクレ?


 人気ブログランキングへ


 にほんブログ村へ


 コメントありがとぅ!ぜんぶ読ませていただいております。


 最新検査・画像診断事典 2010-11年版
最新検査・画像診断事典 2010-11年版

ashブログのカテゴリ:侵襲性肺アスペルギルス症 | コメント(7) |↑記事のURL
thame:医療・病気・治療 genre:心と身体
入院治療に限界を感じる侵襲性アスペルギルス症!

侵襲性アスペルギルス症


 やぁ♪ 限界を感じているashです。 ・・・ IPAの治療。


 西洋医学以外は否定され、薬漬けにされて、病気が増えていく。そして、どんどんハイリスク患者になっていく。これでいいのか?


 ashの肺炎は、4週~6週くらいの治療でレントゲン画像上の病変が消えてくれるのが理想みたい。 ・・・ 病変が残った場合、外科的切除も考えられる。(OKはしない。)


 きのうレントゲンでした。で、今日の回診でまたまた「変化無し」と言われました。抗真菌薬をはじめて7週間。その間ずっと薬が効いている気がしませぬ。 ・・・ 他の臓器への毒性が強い薬たちなのだが。。


 効いてないなら入院してる意味がない。他にしていることは採血くらいなんだし。一度退院して、心を癒し、良いメシを喰い、体を鍛えたほうが、良い状態で今後を戦えそうな気がするのだが、、、そんなの


 エビデンスがありません


 とか、


 メンタル面がなんちゃら


とか、言われそう。。。


 血液の病気の患者が侵襲性アスペルギルス症にかかると予後が悪い。とくに同種造血幹細胞移植後に発症した場合は約8割の患者が死亡する。ボリコナゾール登場後も移植患者には半数が無効 なのだとか。 ・・・ 「深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2007」より。


 人気ブログランキングへ


 にほんブログ村 がん・腫瘍へ


 コメントありがとぅ!ぜんぶ読ませていただいております。

ashブログのカテゴリ:侵襲性肺アスペルギルス症 | コメント(16) |↑記事のURL
thame:医療・病気・治療 genre:心と身体
ミカファンギン+アムビゾーム(MCFG+L-AMB)IPA

ファンガード

 成分一般名:ミカファンギン(Micafungin;MCFG)


 やぁ♪ 願い?がかなったashです。 ・・・ 手狭な売店が大きくなってコンビニになるらしい。ドコのチェーンが来るかな?


 今日から点滴が増えました。


点滴


 点滴のとき、あると便利なストップウォッチ。20年以上前の物を持ち込みました。 ・・・ 今日は落ちが悪いです。。一時間で落ちるのがちょうど良い点滴なのですけど、45分で半分以上残ってます。。


 最近のALBAストップウォッチ一覧へ


 「アムビゾーム」単剤では効果が薄いようなので、別系列な抗真菌薬の「ファンガード」と併用を試してみるということです。L-AMB+MCFG。


 先生から借りたガイドラインによると、この併用は「症例報告があった」くらいのエビデンスレベルです。侵襲性肺アスペルギルス症の重症例に試されます。オレか?? 併用すればもちろん毒性(副作用)は高まると思います。


 真菌のお薬は、何種類もあるみたいだけど肝代謝するものが多く、腎臓にも負担がかかるみたいです。。今回追加された「ファンガード」は比較的安全性が高いとされていますが、肝・腎は気をつけなければならないし、白血球減少など骨髄抑制の様なことも起こるみたいです。。


 まぁ、早めに治ってくれれば、、


 文句ないけどな?


 人気ブログランキングへ


 にほんブログ村 がん・腫瘍へ


 コメントありがとぅ!ぜんぶ読ませていただいております。

ashブログのカテゴリ:侵襲性肺アスペルギルス症 | コメント(5) |↑記事のURL
thame:医療・病気・治療 genre:心と身体
| ashブログ|岩手県久慈市 home | next

県庁所在地のホテル・宿アメックスNECのパソコンレノボパソコンマウスコンピューター富士通パソコンFMVローカロリー食品スカパー!0円レンタルANA JCBカードセブンカードイオンカードゴルフ用品中古車買取サイトベルーナRyuRyu通販セコムの食ドクターシーラボHABAPEPPY(ペピイ)ぱそログとくログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。